2019年 副業年収で1000万円を目指す

コトトロ計画

副業!コトトロです。

副業してますか?

私はサラリーマン人生に全てをかけるのを止めました。

副業をして、サラリーマン年収を上回りたいと思っています。

2018年も終わりに近づき、2019年の副業目標を考えます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サラリーマンの副業は太陽光投資がベスト

サラリーマンは時間がありません。

時間がない状態でできる副業は限られます。

世の中には、せどり・動画配信による広告収入・ハンドメイド商品のネット販売など様々な副業がありますが

私が今、最もおすすめする副業は太陽光投資です。

太陽光投資は「案件を見つける作業」と「融資を通す作業」に時間がかかりますが、一度連系してしまえば草刈りと売電をネットで監視するくらいです。

まさに皆があこがれる不労収入を実現できます。

実際、草刈りは大変ですし、連系までの苦しみを体感しているので不労収入という言葉には違和感がありますが、サラリーマンの休みに出来る範囲です。

 

太陽光投資の何がいいのか?

太陽光投資のいいところ。

それは、お金のレバレッジを効かせられることです。

手持ち資金200万円しか使わなくても、銀行・公庫・信販の融資を使うだけで2000万円近くのお金を動かせます。

ざっくりと10倍の資金を運用している状態です。

必死になって1000万円貯める事ができれば、10倍の1憶円を運用することができます。

もちろん融資獲得の為に努力することも多い為、簡単な話ではありません。

 

太陽光投資で得られる利益は?

太陽光投資で得られる利益はどれくらい?

気になるところです。

これまたざっくりと、表面利回り11%で自己資金を200万円出す前提で計算します。

すると年間のキャッシュフローが約50万得られます。

私が重要視しているのもキャッシュフロー値。

メンテナンス費、資産償却税などの経費を引いてキャッシュフローが50万円程度出る案件にしか手を出さないようにしています。

なぜなら、サラリーマンを卒業して好きな事をして生きていくと決めたからです。

・上から降りてきた目標を達成させる人生
・会社の為に自分を犠牲にする人生
・会社を辞めると自分には何も残らない人生

 

そんな人生を送る事からの脱却を目指しています。

 

・自分の為に自分で決めた目標を達成する人生
・会社ではなく自分の為に働く人生
・自分に資産や価値が残る人生

 

上記3点のような人生を送る準備をしています。

その為には生きていくお金が必要です。

年間キャッシュフローを50万円生む太陽光設備を10基所有すれば

年間500万円のキャッシュフローを得る事ができます。

(年間キャッシュフロー50万円×10基=年間キャッシュフロー500万円)

私は年に500万円も支出しないので、90歳まで生き抜くことが可能です。

安心してセミリタイヤできるのは太陽光しかない
人生設計!コトトロです。最近、自分は何歳まで生きるのか死ぬまでにいくらお金が必要か計算しながら考えています。考えたことを記録として残します。安心してセミリタイヤする方法は太陽光しかないと思います。

 

2019年に副業年収1000万円を目指します!

ちょっとキャッチーなタイトルを付けたかったので副業年収1000万円としましたw

本当に大事なのは税金や経費を引く前の年収ではなく、前述のキャッシュフローです。

太陽光で年収1000万円達成するのはそんなに難しい話ではありません。

1基あたり200万円程度の売電収入を生むので、5基所有すれば1000万円に到達します。

現在3基連系済なので、あと2基連系すれば2019年の副業年収1000万円が見えてきます。

キャッチーなタイトルにする為に1000万円としましたが、目指しているのは2020年に年間キャッシュフロー500万(副業年収2000万円)です。

その為に、2018年終盤、2019年も太陽光に力を入れていきます。

太陽光奮闘記、これからもお楽しみに(^o^)/





  【太陽光投資を始めるには】
コトトロはまずタイナビとメガ発に登録しました
サイト経由で5基契約済(茨城2基、三重1基、群馬1基、埼玉1基)
【タイナビ発電所に登録する】 ※登録すると無料で会員限定物件が見れます
【メガ発に登録をする】 ※登録すると無料で会員限定物件が見れます


  【不労所得の知識を得るには】
コトトロが太陽光・SL投資で参考にしているブログ です
風力発電・太陽光発電
ソーシャルレンディング
セミリタイア生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コトトロ計画
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント