30代でセミリタイヤをする戦略を考える(低年収編)

コトトロはこう思う

人生戦略!コトトロです。

2020年セミリタイヤ予定の私。

いかに効率良く資本主義社会を攻略していくかをよく考えています。

前回、人生に対する思想を書きましたが、今回は30代でセミリタイヤをする為の人生戦略(低年収編)について書いていきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セミリタイヤとは?

30代でセミリタイヤを目指すことを目標とします。

 

セミリタイヤの定義は人によって変わりますね。

私にとっては、最低限の収入や資産が確保でき、チャレンジできる環境に身を置ける状況と定義しています。

 

セミリタイヤしてから何も動かない人生は考えられません。

30代で隠居してもすぐに太ってボケる自信があります(^-^;

 

さて、30代でセミリタイヤする為には何が必要でしょうか。

私は、高年収か低年収かで大きく戦略が変わると考えています。

 

セミリタイヤ戦略(低年収編)

今回は低年収の場合の戦略です。

簡単にまとめると4ステップ。

 

①サラリーマンの仕事は定時に上がる(低年収の場合)
②サラリーマン収入を副業に投下する
③サラリーマン収入と副業収入で種銭を貯める
④種銭をレバレッジを効かせて太陽光や不動産などの事業収入に投下する

 

一つずつ見ていきましょう。

 

 

①サラリーマンの仕事は定時に上がる

低年収の場合はこれが最低条件です。

副業をする為には時間を確保しないといけません。

収入が低い本業に力を入れても効率が非常に悪いです。

残業している場合ではないですね。

副業する為の時間確保に全力で取り組みましょう

 

残業がどうしても発生する方の選択肢は二つです。

1.残業のない職場への転職
2.高年収へステップアップする転職

 

低年収かつ残業がある・・。

この環境を続けると一生時間にもお金にも拘束される人生となります。

転職は気軽に出来る時代です。

昔と違って年功序列、終身雇用ではないですからね。

勇気を出して、残業のない職場へ転職できないか、高年収へステップアップできないか検討してみましょう。

高年収へのステップアップ最適解は業界を移動することです

 

高年収業界と低年収業界は大方決まっています。

金融、保険、不動産、IT関係が高年収業界。

飲食、介護、小売関係が低年収業界です。

自分が現在働いている内容をそのまま平行移動して業界ごとずらせないか検討することが、高年収への近道です。

 

低年収業界で役職を付けて年収アップを狙う戦略は時間がかかるわりには高年収に繋がりづらいので、人生をハードモードにします。

 

 

 

②サラリーマン収入を副業に投下する

次に、サラリーマンで稼いだ給与所得を副業に投下していきます。

手軽に始められるには、せどり、ブログ(グーグルアドセンス)、アフィリエイト、ポイントサイト、インデックス投資あたりですね。

(若い女性は非アダルトのチャットレディという選択肢もあり)

 

普通のサラリーマンはここで日本株、FX、仮想通貨などに手を出します。

ここが分かれ道。

日本株(個別株)、FX、仮想通貨は上下が激しいので、コツコツ貯めた資産を大きく目減りさせてしまうリスクがあります

事業収入へ移行するまでのスピードが一見速そうで遅くなるのが日本株(個別株)、FX、仮想通貨です(もちろん人によります)。

 

副業は、せどり、ブログ(グーグルアドセンス)、アフィリエイト、ポイントサイト、インデックス投資の中から選びましょう。

体力がある方はUber Eatsもありです。

 

 

③サラリーマン収入と副業収入で種銭を貯める

極力節約してサラリーマン収入を貯めます。

さらに副業収入を加算して加速度的に貯蓄を増やしていく段階です。

 

低年収サラリーマンが30代でセミリタイヤを目指すには、本業+副業の合わせ技が助けになります。

事業へ投下できる種銭を貯めるまでは、高額な出費は極力抑えましょう。

ローンで家を買う、高級車を買う、意味のない保険に入るなどは厳禁です!

出費を伴う会社の飲み会は極力参加しない、格安スマホを使用するなど、高額な出費を抑えることが種銭を貯めることに繋がります。

 

 

④種銭をレバレッジを効かせて太陽光や不動産などの事業収入に投下する

最終段階です。

サラリーマン給与と副業で貯めたお金を事業に投下していきます。

 

この世の中には様々な事業がありますが、一番おすすめはお金のレバレッジをかけられる太陽光事業と不動産事業

隅々まで勉強すれば失敗のリスクは低くなり、安定した事業を展開しやすい分野です。

間違っても、ラーメン屋、カフェなどの飲食事業方面に行ってはいけませんよ(大きな野望と夢がある人は別です)。

 

低年収の方がレバレッジを効かせて事業拡大を目指すのであれば、太陽光よりも不動産が向いています

太陽光は担保設定できる資産が弱い点がデメリット。

低年収だと銀行からお金が借りづらいのです・・。

一方、不動産であれば購入した不動産を担保として次から次へと拡大がしやすい特徴を持ちます。

もちろん勉強して条件の良い案件を掴むことが条件です。

積算評価が高い物件を買い続け、銀行から融資を受け続けることがベストな戦略です。

 

不動産はちょっと・・という方は太陽光事業もあり。

残された時間は少ないですが、18円案件であれば十分利益のでる事業が展開できます。

(しかし、低年収の場合、太陽光だけでは拡大が難しいので、30代セミリタイヤは厳しいと思います)

出来れば、不動産と太陽光を並行で進めていくのが理想的です。

 

収入>支出がセミリタイヤの最低条件

不動産事業や太陽光事業の収入が世帯支出を上回ればセミリタイヤの条件が整います。

あとは自分の好きなことをして生きて下さい

経済的自由、時間的自由、精神的自由が手に入れば後は自己実現へ全てのリソースを注ぎ込めます。

 

「私は低年収だから30代セミリタイヤなんか無理・・」

なんて考えずに、資本主義社会の仕組みを勉強してセイリタイヤを目指しましょう!

 

以上、私が考える低年収者の30代セミリタイヤ戦略でした。

あまり具体性がなく申し訳ありませんが、大まかな流れは間違っていないと確信しています。

次回は高年収編です(^o^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コトトロはこう思う
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント