10基目発電所のバックファイナンスに挑戦中

太陽光発電

バックファイナンス!コトトロです。

 

申請書類を書き上げたので、本店近くの役所に出しに行きます。

どうしても11月中に出したい書類なので休み明けの11/30平日が期限。

なんとか間に合って良かったー。

 

今日は先日のバックファイナンス面談についてです。

 

 

10基目のバックファイナンス

ブログでは何度も書いてますが、10基目のバックファイナンスを目指して動いています。

現金購入したものの、やはり資金効率の悪さや今後の動きを資金面で制限されることを考えると、バックファイナンスに動いた方が賢明との結論に至りました。

 

常に3~4千万程度の資金を手元に置き、1500万円は安全対策費、それ以外は事業資金。

そのような状況にしておくとチャンスを逃さないと思ってます。

 

銀行はKさん経由、T先生経由、TSU銀行T支店経由、TSU銀行I支店。

皆様の力を借りてたどり着いている場なので全力で挑みました。

 

挑むと言ってもまずは担当との顔合わせ。

35歳の脂がのったイケメソ銀行員の登場です。

 

他の銀行の若い担当はなんだか心もとない、力を感じない方が多いのですが、今回のイケメソ銀行員はいい感じ。

頭の回転が速いし、何よりちょっと腹黒いw

 

1基目の融資で訪問したJ銀行の若い担当も腹黒い優秀な若手でしたが、同じ匂いを感じる・・。

銀行員は腹黒いくらいが丁度いいですよね(^-^;)

 

早速準備してきた資料を出しながら

・私が何者か

・所有資産

・借り入れ状況

・現状の法人、個人事業主の状況

・10基目の概要

など話しながら相手のリアクションを確認していきます。

 

債務償還年数をパチパチ電卓叩きながら確認してましたが、問題は無さそう。

このタイプの銀行員はやりやすいようにさせた方がいい結果になりそうだと思ったので、融資金額含めて自由にやってくださいと伝えておきました。

 

希望は1500万円で出しましたが、1000万円でも十分です。

私ができることは武器を渡すこと。

考えられる武器は全て渡したので、後は自由に動いてもらいます。

 

 

バックファイナンスは成功するのか?

10基目は今年の2月末連系です。

もう9か月経過してます(^-^;)

 

普通に考えたら無理だと思うんですよね。

銀行は新規案件に対して融資をして、融資をした結果収益を生み出してもらい、利息を受けるわけで・・。

 

今年の2月に連系した発電所に後から融資しても

「そのお金・・どうせ他のことに使うんでしょ?」

って疑われるはずなんですよ。

資金使途不明ってやつです。

 

お堅い銀行だとリスク判断としてNGくらうだろうな~と思ってます。

TSU銀行は若干緩さを感じたので可能性を感じてますが、難しいかな・・。

 

今回は業歴の浅い個人事業主として融資を受けるので、そこもネック。

まだ1回しか青色申告していません。

 

法人を含めて審査してもらえれば、キャッシュフロー額、債務償還年数含めてぼちぼちなのはわかってもらえると思いますが、まぁ本部次第ですね。

結果を待ちます!

太陽光発電
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント