太陽光発電所の保険に東京海上日動を採用!キャッシュフロー改善

太陽光発電

東京海上日動!コトトロです。

先程、第4、5号機発電所の保険を契約しました。

目的はキャッシュフローを改善させること。

取り組んだことを記事にします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京海上日動を採用

キャッシュフロー改善に保険の見直しは大事です。

月々の固定支払いが20年以上続くので、長い目でキャッシュフローを見ると大きな差がでます。

 

太陽光の保険を選択する為に、東京海上日動と損保ジャパンの担当者を呼び、見積りを出してもらいました。

たまたまかもしれませんが、太陽光に慣れているのは東京海上日動の担当者。

損保ジャパンの担当者は野立て太陽光について良くわかっておらず、不安を覚えました・・。

 

金額面でも東京海上日動が安かったので、迷わず決定!

 

 

保険を選ぶ際に大切にしたこと

保険を決めるにあたって大切にしたのは2点。

 

・本当に必要な保険だけに入る事

・無理に保険金額を高額にしないこと

 

保険は恐い商品です。

水災で全て流されたらどうしよう・・

全額保険が下りないとどうしよう・・

人間の恐怖心をうまく利用し、無駄な保険に入らされている日本人は大勢います。

 

自分が必要な保険だけに入れば、保険費用は大幅に削減できるはずです。

今回は思い切って保険金額を800万円とし

近くに川がない案件は水災補償を付けませんでした。

 

 

結果、保険費用はいくらになったか

 

第4発電所

川が1km先にある案件です。

水災の可能性を捨てきれないので、こちらの案件は水災補償必須。

休業補償を付けるか迷いましたが、高額ではない為付ける事にしました。

 

火災、落雷、風災、雹(ひょう)、雪災、車両の衝突、盗難、水災、電気的機械的事故、その他偶発破損事故などの災害に対応でき、休業補償もプラス。

今後、パネルやパワコン代もさらに安くなる為、あえて保険金額800万円という攻めた金額設定としました。

結果、いくらになったのか。

 

企業総合保険         108,280円(5年間)

休業補償(3カ月タイプ)   19,400円(5年間)

 

 

1ヶ月に割り返すと、企業総合保険と休業補償を合せても2,128円/月です!

 

やす!!

シミュレーション上では保険+メンテで年間114,000円かかる想定にしていたので、年間88,464円キャッシュフロー改善です。

 

 

第5発電所

近くに川がなく、町の中心街に近いので水害を外しました。

もちろん災害ハザードマップも確認済。

 

火災、落雷、風災、雹(ひょう)、雪災など基本的な災害をカバーできる構成としています。

こちらも保険金額800万円と攻めの金額設定です。

結果、いくらになったのか。

 

企業総合保険 49,190円(5年間)

休業補償   21,910円(5年間)

 

 

1ヶ月に割り返すと、企業総合保険と休業補償を合せても1,185円/月です!

 

やっすっ!

シミュレーション上では保険+メンテで年間114,000円かかる想定にしていたので、年間99,780円キャッシュフロー改善です。

 

保険とメンテで月々9500円も支払ってる1~3号機が空しくなってきました・・。

妻が第二種電気工事士の資格を取ったので、何かあれば自分達で最低限のメンテもできる状態ですからね。

1~3号基は年間契約が完了したら再考することにします。

 

 

キャッシュフロー改善は続く

先日の遠隔監視ソーラーレモン設置計画に始まり、今回は安い保険契約の話でした。

フェンスを自作して利回りを改善するチャレンジもしてみましたが、頭を使って改善していく活動はおもしろいですね。

今後もキャッシュフロー改善シリーズは続けて記事にしていきます。

 

今後、重要視しているのは税金です。

2019年は個人事業主にもなる予定なので、開業費を使った節税策やサラリーマン給与との損益通算など、税金対策を進めていきます。

現在、開業費について調査中です。

どうやら法人よりも個人事業主の開業費の方が幅が広そうですね。

そのうち記事にまとめます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
太陽光発電
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント