パワコンの故障とは判断できませんだと?再度現地調査!

太陽光発電

再調査!コトトロです。

 

土地賃貸の契約書、保証契約書を送りようやく一息付けるかな~と考えていたらパワコン交換を依頼している商社から嫌なメールを受信しました。

「パワコンメーカーがパワコン故障とは判断できない、と言ってます」

 

出た~~!

このパターン人生で何回経験するのー^^;

対策を考えます。

 

 

パワコンが壊れている?それ以外?

現在同じ発電所で壊れた3台のパワコン。

1台は既に交換済。

2台は交換依頼中です。

 

パワコンメーカーへの依頼は

販売店→パワコン商社→パワコンメーカー

という流れになるらしく、初めは販売店に依頼をかけました。

 

それから1週間以上経過しても何の連絡も無し・・。

こりゃまた放置パターンだなと思い商社へ直接連絡してみると、修理依頼はかかっていませんと・・。

 

その後、本当はダメらしいのですが、交渉して商社に直接依頼をかけさせてもらいました。

この辺ストレスなく進めたいんだけどな~。

初めに何も考えず1基目を購入した私が悪いですね・・(-_-;)

 

前回と同じようにスムーズにパワコン交換まで進むかと思いきや、商社からメールを受信。

 

「パワコンメーカーがパワコン故障とは判断できない、と言ってます」

 

・O-U間 100V

・O-W間 6V

・U-W間 20V

上記の値ですと、PCSの故障と判断できず、交流側のケーブルが断線しているのでは?

との質問が入ったようです。

 

いや~痛いところを質問してきました。

私も何でO-W間が6Vしか出ないんだろうと疑問に思ってたんですよね・・。

 

 

ちなみに、パワコンに繋がる集電箱内の子ブレーカーを電圧測定しても100Vで問題無く、パワコン直流側も300前半の数値が出ているので問題ありませんでした。

パワコン⑦↓

 

念のため電流も計測してみましたが、やはり0Aに近い数字しか出ていない。(これはパワコン①の写真ですが、パワコン⑦も同様に0.1A~0.2Aしかでませんでした!)

 

さぁ困った。

断線を判別するスキルは持ち合わせていませんw

仕方ない、プロに調査をお願いするか、と思いましたが諦めの悪い私は再度現地に行くことに。

 

 

現地で再調査!交流側電圧が低い原因をつかめ

さてさて、再度現地に来たものの何をすればいいのやら。

取り合えず、断線がないことを証明しないと戦えない為、素人ができるのは目視と端子増し締めと再度電圧チェックすることくらい。

 

隅から隅まで配線を舐めまわしましたが、ほとんどCD管の中に配線が入っているので断線しているかどうか全くわかりませんw

最後にダメもとでブレーカーの端子を全て増し締め。

 

改めてパワコンの交流側ブレーカーを測定してみると・・。

 

U-O 99.3V

 

U-W 99.4V

 

U-W 199.3V

 

100V近く電圧キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

そうなんです、交流側の電圧が下がっていた原因は端子が緩んでいたことだったんです!!

 

おそらくプロが見たら当たり前だろ、最初からそこ疑えよ!

という内容だと思うんですけど初めに原因調査した時はひらめきませんでした・・ハズカシ(´Д⊂ヽ

 

いや~とりあえず前進した!

 

 

再度パワコンメーカーへ修理(交換)依頼

ということで、パワコンの直流、交流ともに電圧が異常ないと判別でき、断線の可能性は低いと判断できるので、パワコンメーカーへ修理依頼を再度かけてもらうことに。

さぁどうなることやら。

 

太陽光発電投資をしていてツライなと思うのは電気の知識が薄いこと。

家のことならどんなトラブルでも解決する自信はあるのですが、太陽光は全然ダメ。

 

だからこそ、人にまかせるのは最終手段。

一歩一歩自分のレベルを上げていかないといけないと思ってます。

 

人生はドラクエ。

今はメラしか使えなくてもいつかはメラゾーマ。

 

ではまた!

太陽光発電
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント