ブレーカーについての勉強をして知識武装すべし

太陽光発電

知識武装!コトトロです。

 

自分の不勉強さを反省し、今更ながらブレーカーの勉強をしています。

忘れないように今日は備忘録として残します。

きっと役に立つ人がいるはず。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブレーカー落ちが頻発する場合

さて、勉強した内容を書いていきます。

 

まずはブレーカー落ちが頻発した時に原因と考えられること2点。

 

①ブレーカー容量がギリギリになっている

②設置場所が悪い

 

それぞれ確認していきましょう。

 

 

主幹ブレーカーが容量ギリギリになっていないか

単相100/200V(発電電圧は210Vとする)

パワコン出力5.5kWが9台の場合。

5.5kW×9台×1000=49500W

 

電流は I=49500W÷210Vで235.7Aとなる。

 

安全率1.1を掛ける。

235.7A×1.1=259.27A

 

この時点で、主幹ブレーカーは250ではなく、300Aとするのが適正。

 

温度や過積載を考慮し、安全率1.2を掛ける。

235.7A×1.2=282.82A

 

同様に300Aとするのが適正。

 

 

子ブレーカーが容量ギリギリになっていないか

単相5.5kWの場合。

5.5kW×1000=5500W

 

電流は5500W÷210Vで26.2Aとなる。

 

安全率1.1を掛ける。

26.2A×1.1=28.82A

 

30Aの子ブレーカーではギリギリの設計で黄信号。

 

温度や過積載を考慮し、安全率1.2を掛ける。

26.2A×1.2=31.44A

 

30Aの子ブレーカーでは赤信号。

40Aの子ブレーカーが適正。

 

 

単相5.9kWのパワコンでは

5.9kW×1000=5900W

 

電流は5900W÷210Vで28.09A

 

安全率1.1を掛ける

28.09A×1.1=30.89A

 

この時点で30Aでは危険。

気温や過積載を考慮すると、夏の高温時ブレーカー落ちの危険は非常に高い。

 

 

設置場所が適切か

温度が上がりづらい位置にブレーカーが設置されているか。

周囲の温度が60℃を越える場合、定格電流は90%の補正率で検討する。

 

例:30Aブレーカーでは、90%を掛けて27A

例:300A主幹ブレーカーでは270A

 

 

知識武装すべし!

いざという時に頼りになるのは知識です。

 

業者の言う事は正しいのか。

理論的に問題ないか。

 

判断する為には自分で知識を付けないといけません。

今回、ブレーカーが落ちたことで、自分の電気知識の無さを思い知りました。

今後30年間発電所を運営をしていく為には、最低限の電気知識は必要です。

 

全ては自己責任!

肝に銘じて進めていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
太陽光発電
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント