従量電灯AからLooopでんきに変えて電気代を100円以下に抑える方法

太陽光発電

電気代削減!コトトロです。

 

「従量電灯AでもLooopでんきに切り替えできますよ」と以前コメントをいただきました。

従量電灯Bからしか切り替えできないと思っていた私。

 

少しでもキャッシュフローを改善したい方に向けて電気代削減チャレンジの結果を書いていきます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

従量電灯AからLooopでんきへ切り替えできるのか?

結論から言うと、従量電灯Aからでも切り替えできました!

以前から切り替えていた従量電灯B分も含め、これで9基中8基切り替え完了です。

 

切替が完了していないのは第5発電所のみ。

販社がいいかげんで、半年以上定額電灯のままでした・・。

 

「電気店に依頼はかけました」

「FAXが届いていませんでした」

「東電のミスがありました」

などなど・・言い訳のオンパレードでした。

 

唯一残された第5発電所もようやく従量電灯への切り替えが完了間近。

すぐにLooopへ電灯契約変更する予定です。

 

10月のの電気代を一部振り返ります。

 

なんと3kWhの使用量で76円!

 

な、なんと1kwhの使用量で26円!!

 

な、な、なんと0kWhの使用量で0円!!!

 

今まで2000円以上払っていたのがアホみたいですね(^-^;

 

 

Looopでんきへ切り替える方法

改めましてLooopでんきへ切り替える方法です。

順番に見ていきましょう。

 

 

【従量電灯AからLooopでんきへ切り替える方法】

 

①まずはLooopでんきのサイトへいきます。

 

 

②右下の申し込みをクリック

 

 

 

③約款や説明書を見たら同意するにチェック

 

 

 

③「現在のお住まいで、Looopでんきのご契約に切り替える場合」をクリック

 

 

④管轄エリアと電力事業者を選択。

東電エリアであれば、東京電力エナジーパートナーです。

 

 

 

⑤「電気ご使用量のお知らせ」を手元に用意する

 

 

 

⑥供給地点番号を入力

(途中で変わる可能性がある番号です。エラーが出る場合は他の紙やハガキを探して、最新の供給地点番号を入力してください)

 

 

 

⑦契約者名義とカナを入力

注意点:契約者名義は電気ご使用量のお知らせに記載されているまま記入して下さい。名義がカタカナで書かれていればそのままカタカナで入力する必要があります!

 

 

 

⑧お客様番号を入力

 

 

 

⑨契約電力単位はA(アンペア)を選び、契約電力は5と入力します。

下の写真では5Aと書かれていますが、5の間違いです。

従量電灯Bの方は10と入力して下さい。

 

 

 

⑩検針票(電気ご使用量のお知らせ)をスマホで撮ってアップします。

私はスマホの写真をメールでパソコンに送り、参照ボタンからアップロードしました。

 

 

 

⑪お申込者情報の入力をクリック

 

 

 

⑫名前や電話番号などを入力

 

 

 

⑬「ご契約者様の住所」は「入力する」を選択。

自分が住んでいる場所の住所などを入力します。

注意:発電所の場所ではありません。

 

 

 

⑭用途は「ビジネス」を選びます。

それ以外は変更無しでOK。

 

 

 

⑮紹介者コード欄は変更せずそのままでOK

 

 

 

⑯お支払情報の入力をクリック

 

 

 

後は支払いに使うクレジットカード情報を入力して送信するだけです。

 

 

以上、サルでもわかる「従量電灯AからLooopでんきへ切り替える方法」でした!

私は途中で2~3回失敗したので、上の方法で進めれば間違うことなく完了しますよ。

 

今後もキャッシュフロー改善情報があればブログに掲載していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
太陽光発電
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント