太陽光1号機の融資面談(日本政策金融公庫)

融資

本日、太陽光1号機の融資面談を日本政策金融公庫さんで受けてきました!

こんな大事な日に限って体調は絶不調・・朝から寒気、だるさ、頭痛と戦っていましたが、面談では体調が悪いことは忘れて集中しました。

公庫の面談ってどんなもんなの?という疑問にお答えして今日の流れを書きます。

 

公庫面談の流れ

①入口から入り、担当者の名前を告げてしばし待機。

5分経過して担当者が到着、30代で好印象な方。

 

②面談ブースに案内され、名刺をお互い渡す。

(名刺はないよりあった方がいいです)

 

③まずは事前に出力しておいたメイン銀行の入出金履歴を渡す。

(住信SBIネット銀行の為、その場でパソコン立ち上げSBI口座にログインして証拠を見せました)

 

④公共料金(ガス、電気、水道)の領収証を渡す。

(遅延なく支払いされているか見るのが目的との事。毎月引き落とされている銀行の通帳でもOKですが、私はクレジットカードから支払っているので、領収書を用意しました)

 

⑤株投資をしている証券会社の口座やソーシャルレンディング投資をしている口座の投資金額がわかるページも事前に用意したのでお渡し

(通帳に残っている現金だけではなく、株式やソーシャルレンディングの投資金額も考慮していただけるとの事)

 

⑥まずは創業計画書を用いて経歴の話しして、取り扱い商品や事業の計画の内容はほとんど触れられず。「まぁ太陽光は初めの計画次第ですからね」と担当者が一言。

せっかくビッシリ創業計画書を書いたのにあまりプラスには働かなかったかもです。

いや、努力は伝わっている!と前向きにとらえます。

 

⑦パネル・パワコンの容量の話になり担当者から衝撃の一言。

公庫担当者「公庫は過積載を基本的には認めていないので、今回はパワコンの容量を基準にシミュレーションが適用されます」

(え~~~そんな話は本にもネットにも情報上がっていなかったのに!!聞いてないよォ!!)と心で思いつつ冷静を装う。

公庫担当者「今回はパネルが70kw、パワコンが40kwなので発電量は4/7とみなされますね」

(あ・・・終わった・・かも・・)

 

⑧その後、現地を確認してきた話、融資希望額の話、担保の土地があるなしを話して終了。

 

⑨最後に担当者へ質問。実際、融資下りそうでしょうか?

公庫担当者「ん~やはりシミュレーションをパワコンの容量で考える必要があるので、ん~どうですかね~」

(あ・・やっぱりだめかも・・)

 

⑩最後、担当者に見送られここでも冷静を装い、体調が悪い事も忘れ帰路につきました・・。

 

アピールした事

・キャッシュ、ソーシャルレンディング等合せて約3000万持ち金がある事

・今まで堅実に貯金してきた事

・サラリーマンの仕事(ハウスメーカー)が太陽光発電事業に関わりがあり知識がある事

・現地で土地を確認して隣家の方と話をして計画に問題がないか確認が取れている事

 

【感想】

・やっぱり自分で体験して初めてわかる事がある

(過積載が認めれられないなんて知らないよ!( ˘•ω•˘ ))

・担保を持っている人は強い

・面談といっても堅苦しくない、雑談のような雰囲気

・今は過積載が当たり前の時代なのに、これじゃ担保持っている人しか融資受けられないんじゃ・・

あきらめずに吉報を待ちたいと思います( `ー´)ノ





  【太陽光投資を始めるには】
コトトロはまずタイナビとメガ発に登録しました
サイト経由で5基契約済(茨城2基、三重1基、群馬1基、埼玉1基)
【タイナビ発電所に登録する】 ※登録すると無料で会員限定物件が見れます
【メガ発に登録をする】 ※登録すると無料で会員限定物件が見れます


  【不労所得の知識を得るには】
コトトロが太陽光・SL投資で参考にしているブログ です
風力発電・太陽光発電
ソーシャルレンディング
セミリタイア生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
融資
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント

  1. 名前なっし~ より:

    金融公庫にしろ銀行にしろ、支店によって独自裁量が大きいものです。
    公庫は支店を変えられないのが辛いところですね。
    良い結果が出るようお祈りしております。

  2. コトトロ より:

    支店によっては過積載OKなんですかね~。
    私はこの事実を全く知らず撃沈しました。
    といっても結果が出てないのであきらめていません!
    結果はまたブログに載せたいと思います。

  3. 名前なっし~ より:

    いやむしろ過積載がNGの方が珍しいかと(^_^;)
    事業計画をしっかり書かれたそうですが、きちんと目を通して欲しいものですね。
    一事業として考えたら、発電シミュレーションを元に事業性を見るのは当然だと思います。
    過積載がダメな理由を確認してみてはいかがでしょうか?

  4. コトトロ より:

    過積載が認められない支店にたまたま当たってしまったのかもしれません。
    担当者は公庫全体の方針のように話していましたが、事実は違うのかも・・。
    少し突っ込んでみたいと思います。
    結果はブログに書きますね。
    ありがとうございました。

  5. 名前なっし~ より:

    金融機関は基本伝がないと厳しいです。
    公庫は入口さえ間違えなければ、資産の倍は融資を受けられます。
    3,000万円お持ちでしたら、初心者でも無担保無保証で2,000万円までいけるはずです。
    また、お住いの場所にもよりますが、力の強い支店に税理士や会計士ルートで再度依頼をかけると、やり直しもききます。私はそのパターンでした。(会計士に手数料は取られましたが)
    尚、公庫は事業性については大して重要視しておりません。
    逆に地銀や信金の方が事業ストレスの掛け方が厳しく、金融資産はそれほど重要視しません。
    ちなみに都会よりも田舎の支店のほうが緩い傾向にあります。
    ご参考まで。

  6. コトトロ より:

    >3,000万円お持ちでしたら、初心者でも無担保無保証で2,000万円までいけるはずです
    おぉ!本当ですか!
    期待してしまいます(笑)
    担当者次第かなとも思っているので期待しすぎず待ちます。
    経験者の言葉は重みがありますね。
    ありがとうございました!

  7. 11/7にコメントしたものです より:

    コメントへのご返信ありがとうございます。
    私、現在太陽光は12、13基目を融資付けしています。
    建売、地あげ〜建設、の両方から攻めてます。
    法人での銀行融資、個人での信販、知識と情報は結構持っていると思いますので、
    個人的にご連絡頂ければ、お応え致します。費用などは一切不要です。
    逆にSLを教えて頂きたいです。
    ちなみにココトロさんと年齢は、ほぼ同じかと。
    非公開で連絡先を送信する方法をご教示頂ければ、送信します。

  8. コトトロ より:

    >私、現在太陽光は12、13基目を融資付けしています。
    >建売、地あげ〜建設、の両方から攻めてます。
    いや~完全に師匠ですね。
    太陽光の良さに遅らばせながら気づき動き始めた私にとっては完全に師匠の域に達しています。
    先見の明がありますね。
    ソーシャルレンディングの事はいくらでもお伝えできるので右下の「コトトロへコンタクト・問い合わせ 」でメールアドレスを送ってください。
    ソーシャルレンディングはいいですよ。手段を選べばこんなにローリスクでミドルリターンの投資はないですから。
    融資の事については是非教えて頂きたいのでお互いおしえ合いましょう!