インデックス投資をしていない理由

投資

nonインデックス!コトトロです。

 

Twitterで共感できる投稿があったのでご紹介。

 

これ、よくわかるんです。

私も元々はインデックスマンセー派だったので。

 

なぜ考えが変わっていったのか記事にします。

 

 

インデックスで複利運用が王道?

ぶっちゃけインデックスで複利運用が王道スタイルなのはその通り。

複利で運用すれば1億円も夢ではない!

という言葉よく聞きますよね。

 

でもね、1億貯めるまでに何年かかるのって話です。

現実を見る必要があります。

 

私は初めに7000万円の貯蓄を目標金額に設定してました。

7000万円あれば3%運用でも年間210万円の運用利益。

210万円で生活ができれば、7000万円を減らさずにFIREできると考えたから。

 

そこで逆算したんですよね。

7000万円貯めるまでに何年かかるのか・・。

 

以下、シミュレーション。

 

仮に30歳からインデックス投資を始めたとしましょう。

 

目標金額7000万円貯めるまでに

毎月5万円積立

運用利回り4%で複利運用

 

何年かかるかシミュレーションすると。

ででん、43年・・。

30歳から始めてもFIREは73歳か。。って既に引退してるやないかい!

 

毎月5万円の積み立てではダメだとわかったところで

毎月10万円の積み立てを頑張ってみましょう。

 

以下シミュレーション。

 

目標金額7000万円貯めるまでに

毎月10万円積立

運用利回り4%で複利運用

 

何年かかるかシミュレーションすると、、

30年( ;∀;)

30歳から始めると60歳・・。

 

ここで気づきます。

インデックスでは経済的自由、時間的自由、精神的自由は手に入らないと。

 

 

インデックス投資は出口のタイミングが大事

インデックス投資のシミュレーションで利回り4%と想定しました。

今までこのくらいの利回りは平均的に出てきたから今後も出るよね、、

という楽観的な想定の数値。

 

実際には、積み立てたお金を引き出したい時に相場が下がっていれば大損することもあり得ます。

コツコツと積み立ててきたインデックス投資でも絶対ではないんですね。

 

個別株のように上下の振り幅は狭いけど、安定した利回りは期待できる。

だけど最後の経済状況によっては結果が期待できないよ、という投資なんです。

 

意外ともろいインデックス投資。

目標がFIRE方がメインに置くべき投資ではないことがわかります。

 

 

FIREする為には

インデックス投資ではFIREできなさそうだ、とわかったところで他の方法を探りました。

結論としては、太陽光と不動産。

 

融資を受け、手持ち資金にレバレッジを効かせながら資産を拡大していくことが人生のスピードを加速させる方法であることに気づきます。

200万円をかけて2000万円の太陽光発電所を建設。

200万円は1年後の消費税還付でほぼ全額回収。

毎年50万円のCF(税引き後)。

 

この条件を繰り返して、10基発電所を所有すればFIRE。

 

目標が確立しました。

今の14円案件では難しいですが、当時の買取価格20円台では可能だったんですね。

 

 

インデックスや積立てを考えるタイミング

私にとってインデックス投資や積立てを考えるタイミングは手元資金のレバレッジが完了してから。

資産の拡大を考える上で、インデックス投資は効率が悪い。

 

いまだに積立NISAすらしていないのはその為です。

もちろんレバレッジでの拡大が終了したら取り組みます。

 

終了するのはいつなんだと言われると判断が難しいのですが

少なくとも太陽光のFITが終了するまではレバレッジを効かせない投資に目を向ける時期ではないと考えています。

 

10基目が完了した時点で、これ以上太陽光の拡大はできなくても悔いはないと考えていましたが、11基目を目の前にすると不動産よりも優先させたい気持ちが働きます。

不思議なものです、ただのほしいほしい病と言う噂もあります(*_*;

 

昨日も良い条件の埼玉県坂戸市のボロ戸建てをぐっと我慢しました;

手元の資金が薄くなると融資に響きそうですからね。

 

ということで、私がインデックス投資で複利運用をしない理由を書いてきましたが、投資方針なんて人それぞれ。

自分が決めた方針に従って悔いなく進めていけばいいんです。

 

大事なのは他人の意見に惑わされずに自分の意志で進めていくこと。

これからも、アドバイスは大切にしつつ資産拡大を進めていきます。

投資
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント