発電所1基現金買い出来る自己資金は常にストックしておきたい

太陽光発電

自己資金!コトトロです。

 

第7、8、9号基は土地の分割がからむので、土地の契約がスムーズに進みません。

連系してから土地の契約をするイレギュラーなケースになりそうです。

土地所有者と信頼関係があるから出来ることですが。

 

今日は自己資金の大切さをしみじみと感じたことを記事にします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自己資金は大事!

太陽光事業をしている方はわかると思いますが、自分が考えていたように進まないケースが多いです。

 

・電力受給契約の名義変更完了が融資実行の条件と言われた

・土地の契約が完了しないと最終金の融資不可と言われた

・銀行からの融資前なのに施工業者へ代金を支払わないといけない

 

様々なケースがありますが、一時的に自己資金で立替えてその場しのぎをすることが多々ありました。

私は種銭を3000万貯めてから太陽光事業を始めたので自己資金に救われています。

もし種銭を貯めずに進めていたら・・。

振込が遅くなり、きっと周りに迷惑をかけていたことでしょう。

 

現在も最終金支払い前に融資が実行されない事情が発生し、一時的に建て替える計画を立てています。

あって良かった自己資金(-_-;)

 

 

発電所1基現金買い出来る資金をストック

理想は発電所1基を現金買い出来る資金をストックしながら進めていくことです。

いざとなれば全額立替で融資実行を待つことができます。

 

今まで日本政策金融公庫で2回融資を受けていますが、名義変更後の書類を求められれることも多く、自己資金立替をしてきました。

やはり1基分の自己資金を常にストックしながら太陽光事業を進めることは大事ですね。

不測の事態に対応できます。

 

逆に言うと、1基分を現金購入できる程度の自己資金がない場合は、不動産や太陽光の事業を進めるタイミングではないのかもしれません。

これは人によると思いますが・・。

 

 

1基づつ進めることも大事

現在、私は3基分を平行に進めています。

3基あるとお金の出入りも激しくなりますし、ミスの元になるので複数基同時進行で進めて行くのはオススメしません。

 

やはり1基づつ進めていくのが精神衛生上良いですね(^-^;

資金繰りが悪化しないように、立替出来る金額の把握と支払い金額の把握は完璧に「見える化」しておくのがベスト。

私の家は発電所設置までの工程、資金繰り、銀行別の資金状況、先端設備導入計画の認定状況、発電所一覧など、ペタペタ貼りまくりです。

 

今後も資金繰りの悪化や不測の事態への対応が出来るように無理のないスピード感を意識していきます。

 

 

自己資金で立替えする場合の注意点

私が言うまでもないと思いますが、自己資金で立替える行為はリスクを自分で抱え込むことになります。

リスクを取る事が結果として吉と出るか凶と出るかは状況次第です。

 

私が土地代や設備代の一部を立て替えているのも販社や土地所有者に対して信頼があるからです。

信頼関係が出来ていない状態で購入する側が自己資金を使いリスクを負うのは全くおすすめできません。

 

リスク判断が出来ない方は無理して立て替えるのではなく、諦めるのも大事ですね。

と言いつつ諦めきれないんですよね~。

良い条件の発電所を1基連系できた方は太陽光事業の良さに気づいてしまうので、イケイケドンドンになります。

 

常に冷静になり、資金繰りやリスクと向き合うことが大事ですね(自分に言ってます(^-^;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
太陽光発電
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント

  1. スナ より:

    初めまして、いつもブログ拝見しております。大変参考になりました。
    私はまだ1基目の連系待ちという程度の身ですが、今回のお話、私にはずっしりと重く響きました!

    私は、1基目、公庫より無担保2千万円お借りできる内諾を得て、その他300万円程度を自分で持ち出せば大丈夫だろうと販社と契約をしました。
    私もコトトロさんと同じように公庫さんより経産省の認定名義が書き換わってからの融資という話が急に持ち上がり、条件修正はしていただけませんでした。

    連系後も最悪1年自己資金で回さなくてはいけなくなり、資金がカツカツです笑
    当初は連系後すぐに土地等の登記が終われば融資という話だったのですが。。
    一時的に建て替える資金を用意してくださいと言われていたのに・・です。

    やはりリスクを考えると1基分の資金とできれば銀行や信販を使ったほうがよいですね。
    とほほです。

    • コトトロ より:

      はじめまして!スナさん。

      連系後1年自己資金で立替はキツイですね(^-^;
      今は経産省認定名義変更が半年未満で完了するそうなので
      1年まではかからないと思いますが、先の計画が立てづらいですね。

      私は1基目を公庫で通すことをおすすめしてますが
      自己資金が貯まっていない人は信販や賃貸案件なども選択肢に入れた方が良さそうです。

      私もカツカツにならないようにしないと(-_-;)

      • スナ より:

        ご返事ありがとうございます!
        名義変更半年未満というのはありがたいです。かなり楽になりました。
        であれば@2か月くらいおりるかもしれません!

        今年で3-4件購入する予定がいきなり出鼻を挫かれたので
        絶望感に打ちひしがれておりましたのでTT

        ほんと、計画が・・です笑;。

        ただ、公庫の話が出て急遽銀行にも話を持って行ってみたものの、
        話を全く聞かれない、ほぼ門前払いでしたので、この間に融資の研究を
        私もしてみたいと思います。

        交流会、予定が決まりましたら、更に枠が増えたりするようでしたら
        その時は、私も参加させていただけないでしょうか。お願いいたします。

  2. マナティ より:

    私も初期に3基同時買いを進めましたが、胃が痛かった記憶が。。。
    1基はキャンセルになり、結果は骨折り損でした。
    焦らず着実に、案件開発を進めたいと思います。

    今後、資金繰りに困りそうな場合に備え、カードローン活用等も考えてます。
    地銀さん曰く、個人で枠を確保するのは全く問題ない、とのこと。
    一番は資金繰りに困らないことですが、代替案は常に持っておきたいものです。

    • コトトロ より:

      マナティさん

      カードローンは私も昔考えました。
      カツカツ対策ではなく、銀行の融資代わりにならないかの検討ですが。
      銀行や信販側が「カードローンを使ったことがある」事実をどう判断するかわからないので、最後の手段だと考えています。

      マナティさんのように銀行に直接聞いてしまうのがいいですね。

      別件ですが、交流会を6/30に開催しようと考えていましたが
      リーマン業、フェンス設置、遠隔監視装置設置、草刈り、融資手続き、海外研修準備とやる事が山積みで時間が取れそうにない事に気づいてしまいました・・。
      毎度延期してしまいホントすいません!
      落ち着いた頃にブログで開催連絡をします。

      • マナティ より:

        コトトロさん

        お返事ありがとうございます。信販がどう考えるか、たしかに重要ですね。
        私も正直、カードローンは最後まで秘密兵器のつもりです。

        交流会は、開催される際には、ぜひ参加させてください。
        海外研修は楽しみですね。私も来月は久しぶりの海外出張です(^-^)v
        社員を育成する風土のある、良い会社にお勤めで羨ましいです。
        (私は会社で研修の類を受けたことがほぼない(涙))

  3. k より:

    暑いですね、Kです。

    現在の経産省名変は4〜4.5ヶ月程度です。

    フリーローンは銀行融資に影響ないことが多いです、CICを審査基準に入れていない銀行が多いからです。
    ただ最近は個人与信チェックが厳しくなってきたので、断る時の揚げ足材料にはなるかもしれません。

    余談ですが、今月に入りザルだったT銀行の風向きが一転しました、①自己資金2割、②ピッチで審査落ち、③建設資金立て替え、4支店4件回答ありましたが、お客さんは①③で苦しめられ、私は②でハシゴを外されました。まだ回答待ちが数件、今週も2件投げましたが、ほぼほぼ良い回答は期待出来ません、コトトロさんの審査タイミングは滑り込みセーフだったと思われます、詳細質問あれば個別にどうぞ。支店側はやる気で本部で弾かれる感じです。

    明後日、同じくザルと言われた群馬の信金2つと面談してきます、どこもかしこも今までの融資付のやり方では通じなくなってきていますので、選択肢を増やす算段です。ちなみに公庫はメンドイルールはありますが、事業性でなくほぼ与信しかみていないので、引続き利用可能かと思われます。

    事業資金低圧1基分は良い目線かと思います、建設での資金繰り的にも重要ですが、そもそも総借入金額にあった流動資産をもつというのは経営の基本です。厳しいJ銀行目線ですと、総借入返済金額3年分の流動資産があると健全と考えるようです。

    • コトトロ コトトロ より:

      kさん

      yakumoさんのブログコメント欄をひっそり見ていたので、T銀行の風向きが変わったことは理解してました。
      詳細までは知りませんでしたが、①②③の条件厳しいですね・・。

      実は私が個人で融資内諾をもらっている9基目の本審査結果(最終本部審査?)がまだ出ておらず、嫌な予感がしています。
      明日T銀行で7,8号基中間金手続きなので直接聞いてみる予定です。

      公庫は確かに面倒なルールがありますが、「借りやすさ」の面で見ればありがたい金融機関です。
      融資実績もだいぶ付いたので、最後にもう一度借りたいですね。

      借入金に対する流動資産割合は今後も意識していきます。
      常に2000万のストックが理想です。
      J銀行の目線には耐えられそうにありませんが(^-^;

      kさん、いつも有益な情報感謝です。

  4. k より:

    なんとなく大丈夫そうで良かったですね、T銀行、コトトロさんは大丈夫だと思います。

    そして公庫は意外とたくさん借りられますよ、私の上客が今回3本目実行されますね、もう1本位いけるんじゃないかな、、、。

    いずれにしろ攻めすぎて資金不足に陥らないってのが重要だと思います、どうしても皆さん攻めてしまうんですよね、そして流動資産が枯渇していきと、、、急ぐとロクなことないですよ。

    かくいう私も来月17基目の融資実行で、周りからまだやるの?とか言われますが、経営と太陽光CFで流動資産増やしてるんで、借入バランス取りながら今年は私なりにユックリやってます。

    借入多くなると、銀行から資金増やそうねという感じになっていきます。だから、例えば本当は1億やったら一度時間あけて再度資金を積み上げて、第2ターム的にもう1億、というくらいが無理なく良い気がしています。

    • コトトロ コトトロ より:

      kさん

      土地の契約が済んでいないことで、7,8号基の中間金と最終金融資が延期され、個人の融資も土地契約後となりそうです(-_-;)
      個人の融資が出ない結果にはならなそうですが、予断を許しません。

      7,8,9号基が落ち着いたら10号基は公庫に持ち込もうかな・・。
      取り合えず、ここからはじっくりと時間を置いて進めていきます。
      8月には消費税還付もあるので、今攻めるのは得策ではないと考えています。

      いつのまにか17号基ですか!
      kさんであれば驚きませんが、それでもユックリペースなんですね。
      どこまで伸ばすのか楽しみです。

      1億融資受けたら時間をおいてまた1億は納得です。
      今であれば理解できます。
      私はリーマンの入金投資法で流動資産増やします(^O^)

  5. k より:

    おおっと、きましたね!多分つなぎ融資のピークで債務超過扱いなんですよ、、、。
    実はお客さんでそのパターンでハシゴ外されてます、融資は事前協議で出すと言ってたのに、
    本稟議で本部が 「 連係時証貸一本で出すから、立て替えさせてよ 」となりました。
    お客さんがフリーローン獲得に走ってますね、ウチで立て替えるとその経費が高くなるんですが、
    最悪そうなる流れです。お陰でウチも金融機関へ 「 引当金貸してくんない?すぐ返しちゃうけど、
    関係深めたいならやってよ 」 と動いているとこです、或いはめんどくさいから kさん銀行で部材は立て替えたり、商社に掛けでやらせたり、施工店は金持ちなとこなら立て替えてくれるんでなんとかしちゃうんですけどね。

    いずれにしろ資金繰りを無理しないで、ボーナスや残業代もたんまり入ることでしょうから、ゆっくりやって下さい!

    自己所有も管理が大変なんで、最近やっぱヤーメタで3つ位発電会社で建設販売にしちゃったりしてるんで、所有についてはもうテキトーです、寝かせてるのまだ沢山あるんで、、、。むしろ太陽光以外で借入する時に不利になるとイヤだから、太陽光を中古で売った実績作って銀行に 「 ほた、太陽光は流動資産だって本部に説明してよ 」と太陽光の負債カウント0に戻して貰えないかと試そうと思ってます。

    使える金は使いまくって下さい!

    • コトトロ コトトロ より:

      つなぎ融資のピークで債務超過扱い←まさにそれですね(-_-;)

      kさん銀行いつのまに開業したんですか(笑)
      そこまでやってくれる販売店は他にいないですよ。

      ハシゴを外された時は施工店かお客側が立て替えるしかないので
      フリーローンに走っている人の気持ちわかります。
      今の状況ではリーマンのボーナス無暗に使えないですね。
      全て事業資金に当てます。

      太陽光を流動資産にしようとする発想力がさすがです!
      現実的には厳しいと思いますが、チャレンジしないと何も生まれないですからね。

      使える金は計画をじっくり立てて使いまくります(^^;)

  6. k より:

    立て替えは手数料かかるんで銀行というより高利貸しに近いですが、こういった時期には重宝されます。

    ボーナスでレバレッジ効果出すとか面白いですね(⌒▽⌒)

    A銀行が興味持ってましたね、中古売却流動性の話は、実際買いたい人は多いので、
    いつやるってどうやって宣伝性を持たせるかだけかなと。

    知恵を使えば1,000万円程度の引当金ならどうにでもなると思いますよ!