(ボロ戸建再生)クロス貼りではなく塗装中心にしようと思う

不動産

塗装!コトトロです。

今日は体を休ませて、明日からボロ物件の再生に取りかかります。

内装の計画を練っていましたが、クロス貼りではなく塗装中心に進めていこうと思います。

現在考えていることを書いていきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

天井をどうするか

内装は大きく分けて天井・壁・床と3つの構成にわかれます。

和室を洋室化する予定なので、ラミ天と言われる天井材をどうするか悩みます。

目透かし天井と言って、隙間が開いている天井です。

 

・隙間をパテで埋めてクロス貼りや塗装を貼るか

・隙間を埋めずにクロス貼りや塗装をするか

・ベニヤを全面に貼ってクロス貼りや塗装をするか

 

いろいろと悩みましたが、費用面を安く抑え、誰でも真似できるリフォーム方法を目指し、隙間をパテ埋めしてから塗装を第一候補に考えています。

 

①隙間をパテ埋め(下塗り、上塗り)

②ラミ天全面へミッチャクロン塗布

③全面を伸縮ローラーで白く塗装

 

ラミ天はざっくりとこの計画でいこうかなと。

 

隣の部屋はジプトーンと言われる昔ながらの天井材が使われています。

こちらも隙間がボツボツと開いている材料なので、パテ埋めしてから塗装を考えています。

 

壁をどうするか

作業性・空間の統一性・費用面を考え、天井と同じ塗料で壁も塗ろうと考えています。

クロス、和室の木部(長押など)、タイルを全て白く塗ってしまおうかなと。

まだ計画段階ですが、後から剥がれない処置を考えながら進める予定です。

タイルはミッチャクロンを使いながら塗る予定ですが、本当に密着するのでしょうか・・。

ツルツルなタイルに塗装ができる発想はなかったので、もう少し調べます。

 

 

床をどうするか

・クッションフロアにするか

・フローリングにするか

・タイルにするか

 

選択肢はたくさんありますが、今のところクッションフロアを第一候としています。

段差を無くす必要があるので、下地調整はフローリングより難しいですが、一気に貼り、後から一気に剥がせるのは魅力です。

清掃も楽ですからね。

オシャレなウッド調のクッションフロアにして、白い天井と壁との対比を出したいと思います。

 

内部の壁を壊すか壊さないか

1階は和室とダイニングの続き間になっています。

昔ながらの間取りで魅力がありません・・。

 

出来れば壁を撤去してしまいたい!

エアコンの効きが悪くなると妻からは反対されましたが、魅力ある空間作りに価値があると考えています。

 

チャレンジしないとスキルは付きません。

将来的に中古不動産ビジネスを展開するのであれば、2室を1室に改装するチャレンジはしてもいいかなと考えています。

 

・現状よりも魅力を増すリノベーションが出来ているか

・将来的に持続した賃貸経営ができる内装か

 

光熱費を考える妻の考えもわからなくはないのですが、「賃貸経営としてどうなのか」という意識を常に持ちつつ進めて行きたいと思います。

 

さぁ、明日からシーリング打ち替え工事がんばるぞ(^o^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント