ボロ戸建てを購入するポイント【建物以外】

不動産

頭の整理!コトトロです。

 

ブロガーはわかると思いますが、ブログは自分用のメモ欄として大活躍します。

 

あれ?太陽光第3号基は何月連系だったかな?

あれ?何を注意して太陽光案件購入しようとしてたんだっけな?

あれ?自分は結局何がやりたいんだっけな?(笑)

 

記憶がすっ飛ぶと自分のブログを読み返すことが多々あります。

今日もボロ戸建てについていろいろ考えてましたが、記憶がすっ飛ばない内に記録に残します。

 

 

ボロ戸建て購入で注意すること(自分用)

建物の内部に関わることは省いて書いていきます。

建物も入れると、どえらい量になってしまうので・・。

 

 

【ボロ戸建て購入時の注意点】

①土地勘のあるエリアか

不動産サイト検索していると、住んだことないエリアで激安物件が売られていることがあるが、絶対に買わない!

土地勘のないエリア物件は失敗のもと。

 

 

②前面道路が公道か

共同持ち分がある私道の場合、通行を許可しない意地悪おやじがいたり、掘削が必要な場合許可取りに手間を取るので出来るだけ避ける!

 

 

③前面道路幅4m以上確保、できれば5m

家を建てるには最低限4m幅員の道路が必要。

4m未満の場合、敷地がセットバック(削られる・・)される。

周辺の解放感にもつながる。

 

 

④周辺に公園や川があるか

体を動かせる公園や散歩ができる河川敷があると高ポイント。

実際に足を運び雰囲気の確認も大事。

 

 

⑤病院が近くにあるか

出来れば総合病院。無くても内科は近くにほしい。

 

 

⑥スーパーが近いか

個人的にかなり大事にしている点。

徒歩5分以内が理想。10分以内はギリギリ可。

 

 

⑦大型商業施設が20km圏内に2~3カ所あるか

車で30分あれば行ける大型施設が周辺にあるか要チェック。

 

 

⑧図書館が近いか

意外と住みやすさに影響するのが図書館。

必要ないと思っていても、近くにあると便利で長く住みたくなる要素となる。

 

 

⑨夜の道が明るい(街灯がある)か

夜に現場を確認し、帰り道が明るいかチェック。

暗いだけで女性は嫌がる。

 

 

⑩ごみ捨て場までの距離は近いか

ごみ捨ては誰でも面倒。

ごみ捨て場までの距離をしっかり確認。

キレイに清掃されているかもチェック。

 

 

⑪国道から近いか

田舎は国道までの距離で物件価値が大きく変わる。

近くなくても、国道までの道が通りやすいか確認。

 

 

⑫道路と土地の高低差がないか

高低差があると、擁壁や土留めが必要になり無駄な出費原因となる。最悪、擁壁直しで200万円~( ;∀;)

敷地が道路面よりも低い場合は絶対買ってはいけない。

 

 

⑬小学校、中学校が近いか

ファミリー層も狙うのであれば、小中学校の位置把握をする。

歩いていけるか。小さい子でも安全に学校まで行けるか通学路もチェック。

 

 

⑭境界杭があるか

太陽光と違い、家の敷地は境界が確定していないと後でトラブル。

境界杭があるか確認し、無ければ公図、測量図、敷地求積図など見て納得した上で購入する。

 

 

全て満たすのは無理・・

ざ~と自分用に書いていきましたが、もちろん全て満たすのは無理です!

何を重視し、何を省くのか。

 

正解はないので現場で考えることが大事ですね。

不動産は焦ったら負けなので、じっくりと見定めて誰よりも早く動ける準備をしておきます。

 

理想は今年の10月以降に購入ですが、我慢できる自信がありません(-_-;)

たぶん良い物件があれば買い付け入れます・・。

 

最近は鬼の指値が流行ってますが、相手も人間なので理由のない値引き要求はしないつもりです。

売り手と仲介の不動産屋さんの心情を把握し、3者が気持ち良く取引できるよう進めていきます。

不動産
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント