ボロ戸建ての雨戸が動きにくいので戸車交換してみた

不動産

雨戸!コトトロです。

 

ボロ戸建てにはシャッターではなく、雨戸が設置されていることが多いです。

しかも古すぎて滑りが悪いことが多々・・。

 

解消するために取った方法を書いていきます。

 

 

シリコンスプレー吹いてみた

所有しているボロ1号棟ですが、雨戸の動きが悪い!

ストレスを感じるレベルなのでなんとかせねば、ということで考えました。

 

まず試した方法はシリコンスプレーを戸車に吹き付け

 

シリコンスプレーの潤滑効果で滑りを良くするという昔からある方法です。

 

よくある間違いはクレ556などの油を含む潤滑剤を吹いてしまうこと。

 

吹いた直後は滑りが良くなりますが、油が汚れを呼び寄せ、将来的に動きを悪くさせることがあります。

 

シリコンスプレーは油を含まないサラッとした潤滑材なので、万能です!

 

で、動きは解消されたのかどうかというと・・

ちょっとは滑りが良くなったねという程度。

別の方法を検討する必要がありそうです。

 

 

戸車交換してみた

シリコンスプレー吹いても雨戸の動きが悪いということで、次に取った行動は戸車交換。

雨戸を枠から外し、戸車の状態を確認しました。

 

 

あらら・・戸車が削れている。

そりゃ動きが悪くなるよねってことで、戸車交換作戦の実行です。

 

ここで問題発生。

戸車が古すぎて同じサイズが売ってない・・。

 

仕方なく購入したのは近いサイズの戸車。

なんと90円!

 

元々の穴を利用してまずは無理やりネジ止め。

 

もう1か所の穴はドリルで穴あけ、ネジとナットで固定。

 

無理やり感がハンパない・・。

それでも、なんとか設置できたので雨戸を戻してみると

スル~~とスムーズな動き(^^)/

 

90円の戸車でもなんとかなるもんですね。

ネットで特注することもできますが、1個2000円以上します。

 

うちのボロ戸建ては雨戸が15枚もあるので

2000円×15枚×2か所=6万円かかるところが

 

90円の戸車なら2700円です!!

自分の頭使いながら工夫して設置した方がお得ですね~。

 

 

18Vのドリルは便利

 

私が使っているのはボッシュの18Vのインパクトドライバー。

ドリルピットを購入すれば簡単に穴あけ作業もできます。

 

電動ドライバーは10V以下の弱いタイプを購入すると後で後悔する可能性が高いので、18Vを購入しましょう。

この電動ドライバーも1万円ちょっとで購入でき、マキタブランドよりもはるかに安い!

 


ボッシュ BOSCH  18Vバッテリーインパクトドライバー IPD118

 

今後もボロ戸建てのリフォームで役に立つこと間違いなし!

有能な道具を使いながらコスパ良く仕上げていきます。

 

(どうしてもリフォーム記事は日記になるな~。

需要ないだろうけど自己満でいこう(-_-;) )

不動産
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント