遠隔監視装置ソーラーレモンの通信が止まった時の対処法①

太陽光発電

通信停止!コトトロです。

 

遠隔監視装置の通信が1か所止まっていることに気付きました。

まだ解決していませんが、動いたことを綴り、備忘録とします。

 

 

ソーラーレモン通信停止

本日、ソーラーレモンの通信が止まっていることに気付きました。

約1カ月前に設置したソーラーレモン試作品です。

 

 

PM4時頃にグラフが消えています。

発電所側の不具合で電流がゼロになった場合、折れ線グラフは0ラインを這いつくばる形となるはず。

途中から急に消えているということは、遠隔監視側の問題か、通信電波関係の不具合と予想できました。

 

そもそも、その前からグラフの形がおかしい・・。

12時付近から15時付近まで直線になることは普通あり得ません。

 

早速、担当者に連絡を取り、自分が対処しようと考えていることに間違いや不足な点はないか確認。

すぐに現地へ向かいました。

セミリタイアしていると自分が動けばいいので気が楽ですね(^-^;

 

 

通信エラーが起きた時に現地で取った行動

現地に到着後、まずはソーラーレモン本体のランプ点灯を確認。

正常な状態であれば、点滅しているはずですが、通信していないとランプが付きっぱなしになります。

 

 

予想通りランプは点滅せず、連続点灯です。

この時点で再度ソーラーレモンの担当者へ連絡して指示を仰ぎました。

 

「電波が悪いのか、本体の通信系の不具合か判断できないので、一度通信環境の良い場所でランプが点滅するか確認してほしい」

との指示。

ラジャー!

 

私は車にインバータを持っているので、車で電源が取れます。

ソーラーレモン本体、ユニット1、電源ケーブル、本体とユニット1を繋ぐケーブルを外して大きめの駅前まで移動しました。

(ユニット1と2の内、どちらか一つ繋げばよいとのこと。クランプを持っていく必要はありません。)

 

発電所付近で最も大きな駅に到着。

電波が入らないはずがない場所です。

 

結果は・・ランプ点滅せず(-_-;)

ソーラーレモン本体側の故障である可能性が高まりました。

 

・・と思いながら車を走らせて近くのスーパーで休んでいると、突然赤いランプが点滅開始。

ん?復活した?

 

またまたソーラーレモン担当者へ連絡すると、「一度家まで持ち帰り様子を見てほしい、技術者と相談したい」との返答がありました。

確かにそうした方がいいですね。

無理に設置し直して、また同じ不具合が起こると最悪です。

 

取り合えず、今日はここまで。

無事、遠隔監視装置は復活するのか!?

今後同じようなピンチを迎えた方が迷わず動けるように、明日以降に続報を書いていきます。

太陽光発電
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント