太陽光27円案件の売電額はすごいが18円案件も魅力的に感じる理由

コトトロはこう思う

27円案件!コトトロです。

現在、紹介してもらった27円案件の自己シミュレーションを作成しています。

当たり前ですが、単価が高いと売電量がすごいですね。

改めて27円単価案件のすごさを感じると共に18円案件の魅力も感じているので考えをまとめます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

27円案件の売電額

今まで24円案件が私の中で最高の売電単価でした。

未知の領域、27円案件(79.2kW)。

自己シミュレーションをしていると、売電額に驚きました。

なんと年間売電額285万円!!

18円案件だと200万円の売電額に達する為には200%モリモリ過積載物件が必要です。

単価27円だと200万円の壁は余裕で越していきます。

売電額重視の方は高単価案件を探していきたいですね。

と言ってもすぐ出てこないことはわかっていますが・・。

 

年間売電額200万以上を重視

私が大事にしているのは、売電額が200万円を超えるかどうかです。

1基あたりの売電額が低いと計画が狂います。

目標

・10基連系

・売電額2000万/年

・キャッシュフロー500万/年

 

この目標を達成するには1基あたりの売電額が200万円以上必要です。

来年は18円案件の契約が増え、売電額200万円以下になる案件も増えてくると思います。

売電額に貢献してくれる発電所を所有するのは今のうちです。

 

18円案件も悪くない話

高単価案件バンザイと話してきましたが、実はそうでもありません。

27円案件でも利回り10%ではキャッシュフロー目標が達成されないので意味がないです。

私は、売電単価27円の10%案件、売電単価18円の11%案件があれば間違いなく後者を選びます。

さらに、FIT買取期間が終了する20年後まで考えると18円案件も悪くはありません

20年後、仮に9円で買い取ってくれる電力会社がいた場合、27円案件だと売電収入は1/3になりますが、18円案件だと2/1の減少で済みます。

 

例1

売電単価27円で年間270万円の売電収入。
20年後は1/3の売電額になるので90万円の収入。

例2

売電単価18円で年間収入200万円の売電収入。
20年後は1/2の売電額になるので100万円の収入。

 

20年後を考えると例2も悪くないですよね?

売電単価が低いからもうだめだと思い諦めるか。

18円高利回り案件を追い求めて動き出せるか。

私は動き出せば結果は付いてくると信じています。

「18円でもまだ遅くない、すぐ動くべし!」





  【太陽光投資を始めるには】
コトトロはまずタイナビとメガ発に登録しました
サイト経由で5基契約済(茨城2基、三重1基、群馬1基、埼玉1基)
【タイナビ発電所に登録する】 ※登録すると無料で会員限定物件が見れます
【メガ発に登録をする】 ※登録すると無料で会員限定物件が見れます


  【不労所得の知識を得るには】
コトトロが太陽光・SL投資で参考にしているブログ です
風力発電・太陽光発電
ソーシャルレンディング
セミリタイア生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コトトロはこう思う
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント