なぜ太陽光事業がセミリタイアに適しているか解説(不動産も悪くない)

コトトロはこう思う

なぜ適しているのか解説!コトトロです。

 

太陽光10基所有しセミリタイアしています。

先日、以下のツイートをしました。

 

 

上記ツイートだけだと説明不足すぎますね(^-^;

なぜ太陽光事業がセミリタイアに適しているか。

不動産も悪くないよ、という話を書いていきます。

 

 

太陽光事業は収益の安定性が最大のメリット

太陽の力を借りて発電をするのが発電所。

天気により左右しますが、1年を通して見ると5%以上の変化は起こりづらいのが太陽光事業の良さです。

 

国がFIT制度を制定してくれたおかげで、20年間安定して収益を生み出すことができます。

他にこんな条件の良い事業はないですね~。

 

もちろん、リスクもたくさんありますよ。

価値のない土地が残り固定資産税を払い続けるリスク、保険では対応できない自然災害(津波)、異常気象による発電量の大幅な減少、施工途中の業者倒産、業者シミュレーション通りに発電しない、などなど。

リターンがあるものにリスクがあるのは当たり前です。

 

さらにはパワコンの交換費用、廃棄費用、インボイス制度への対応など考えないといけませんし、パネル税、発電事業者基本料金などの後付けヤクザ制度の導入も囁かれています。

すべてのリスクに対して、自分なりの考えを持ち対応しないといけません。

 

デメリットを全て理解し、対応方法を検討し、他の事業よりも確実性が高いと確信を持つ前は発電所の購入に踏み切らない方がいいです。

無理に利回り10%台の案件を購入しても冬場がツライですよ・・。

 

 

不動産事業は最後まで勝敗が分からない

前回の記事でも取り上げましたが、セミリタイアに適している方法はおすすめの順番に並べると以下の通りです。

 

①太陽光事業

②不動産事業

③世界経済に連動するインデックス投資(7000万以上の元本)

 

 

太陽光は土地の価値がない。

だから不動産の方が優れている、という方も多くいます。

 

その通り!

毎年のキャッシュフローだけでなく、最後に土地を売却して現金に変えられるのは不動産事業最大の強みです。

「土地の価値が保たれれば」の条件付きですが・・。

 

ツイートでは1000万の土地が500万になると負け!という情報量の少ない発信をしてしまいましたね(反省;)。

もちろん土地の価値が半分になっても、年間のキャッシュフロー値や経費のバランスにより、負け戦にならない場合もあります。

 

それでも、5000万円の土地が2000万円になれば、どう転んでもトータルで負けです。

キャッシュフローが潤沢に出ていても、-3000万円はカバーしきれません。

 

何が言いたいかというと、不動産は売却時まで勝敗が決まらない傾向が強い事業ということです。

太陽光よりもセミリタイヤに向かないと考えている大きな理由。

 

一方、太陽光事業は20年間の利益が見通せます。

異常気象による発電量の大幅な変化が起きないかぎり、他の事業よりも安心感を持って取り組めるのは明白ですね。

 

 

不動産事業も悪くない、と思う理由

これだけ太陽光事業はいいよ!と言っている私ですが、不動産も捨てがたいんですよね。

2つの戦略が考えられます。

 

①土地値が下がらないエリアの不動産を購入する
②元から土地値が安いエリアを選定する

 

土地値が下がりづらいエリアは不動産価格が高く、ハードルが高いです。

好条件の物件は初心者には回ってこないと考えた方がいいですね。

おすすめは②

 

元から土地が安いエリアで不動産事業を始める事。

もちろん賃貸需要があることが前提です。

 

・安い土地で賃貸需要がある場所なんてないと考え思考停止する方。
・探してみようと動き出す方。

 

 

人それぞれだと思いますが、結果を出せるのは間違いなく後者です。

(市街化調整区域は土地値が安いですが、賃貸需要に確信が持てないと大負けする可能性があるので、市街化区域の中から選びましょう)

 

更には、建物に価値を吹き込めるスキルがあると強いです。

私が現在ボロ戸建リフォーム修行しているのも、このスキルが身に付けば負け無しでいけると確信しているから。

 

ボロ戸建、ボロアパートを再生できる方は、大きなリスクを抱えずにセミリタイアも可能です。

 

こんな話を書いている私ですが、まだ自分の住むボロ戸建を購入してリフォームしているだけです(^-^;

能書きを垂れてないで早く不動産事業始めろよって話ですね・・。

 

早く人に教えられるようになるまでコツコツとスキル向上に励みます!

コメント

  1. マナティ より:

    >無理に利回り10%台の案件を購入しても冬場がツライですよ・・。
    まさにそれを痛感しています(^-^;
    10%台で購入される方々がいなくなれば、(少なくとも保有する側で)苦しむ方が少なくなる気がします。

    太陽光発電も、価値を見出せる土地であれば、ということを気づかせてくれる記事でした。
    大変有益な情報をありがとうございました。

    • コトトロ より:

      そうですね、10%台同時買いで苦しんでいる人はもう見たくないです。

      価値のある太陽光用地があれば最高です。
      10%台でも価値のある土地であればトータルキャッシュフロー(売却時含む)が大幅に変わります!