発電所に問題が起きたので警察は民事不介入なのか確かめてみた

太陽光発電

警察相談!コトトロです。

 

皆さまされているように私も貴重な晴れ間に除草に出かけました。

やはりシートが敷かれていると楽ですね。

1か月半前に除草しているので、発電所2か所とも除草剤撒く必要がないくらいの状態でした。

 

しか~し一つ問題が発生。

なんと発電所内に隣人が勝手に単管を打っています。

おいおいおいおいおい、何やってんのw

 

初めての警察出動騒ぎの模様です。

 

 

発電所内に勝手に侵入

除草をするために発電所に行くと、異様な光景が飛び込んできました。

見慣れない斜めの単管が敷地内に差し込まれている・・。

 

近くに隣人の高さ3m程度の目隠しフェンスがあるのですが、そのフェンスを支えるような形で単管が固定されています。

もちろん発電所外周には囲いのフェンスがあるので、そこを飛び越えて発電所内に入り、勝手に単管を打ってます・・。

 

目隠しフェンスを作り直している隣人に話を聞いてみると、先日強風が吹いて目隠しフェンスが倒れそうになったので、支えの単管を打ったとのこと。

悪いと思ったのか、すぐに謝ってきた隣人。

 

隣人「風吹いて目隠しフェンスが倒れそうになってさ~。事前に言おうと思ったんだけど電話番号忘れちゃって(テヘペロ)。一部土地貸してくれないかな~。」

 

いやいやいやいやいやいやww

 

前からヤバイ人だと思ってましたが、やっぱりヤバイ人だった・・。

フェンスを乗り越えて勝手に人の敷地に入り、勝手に単管を打ったことに対する罪の意識が弱すぎる(-_-;)

 

うちの奥さんブチギレ。

私がどうやって隣人おじさんのモラルを標準レベルに持っていこうか考えている間に、強く撤去を要求していました^^;

 

まぁ怒るのも当然ですね。

それだけのことをしています。

 

早めに撤去はすると言われたものの、今度は逆の方向に支えの単管を打つとのこと。

いやいや、そっちも貴殿の土地じゃないですからww

 

私の土地ではないので、多くは言いませんでしたが

「人の敷地に入り、何かをする時は事情を説明して、許可を得てから始めないとダメですよ。反対側もあなたの土地ではないので、土地の謄本から所有者を割り出して連絡を取らないとダメですよ」

と子供を諭すように低レベルな話をしていました(-_-;)

 

隣人おじさん「こっちも太陽光を作るみたいだから大丈夫だよ」

 

(えっ?w やっぱりこの人イカレテル)

 

 

警察へ相談

妻からの提案もあり、警察へ相談に行きました。

民事不介入で警察は動かないと思うけれども、記録しておいてもらうことは大事だよね、ということで。

 

今回のようなケースが2回、3回と続くようであれば、警察も動いてくれるかもしれませんし、警察がどこまで対応してくれるのか興味本位なところもあります。

市の中で一番大きな警察署へ行き、相談開始です。

 

かくかくしかじか。

意外にも細かく事情を聞かれ、発電所の所有者、完成時期、隣人と接触をした時期など、1時間程度話をすることに。

 

民事介入の原理は知っているものの、隣人が普通ではないので、今後の為に記録を残したく警察署まで来ましたと伝えたところ、最終的には警察から言われたのは意外な言葉でした。

 

警察「今から現場に行き、隣人に話してきます」

 

おっ、イメージと違う。

警察はストーカー事件でも動かないような民事不介入を徹底する融通が利かない組織のイメージがあったのですが意外にもアクティブ。

 

都会と田舎では仕事量や考えも違うのかもしれません。

 

 

隣人問題一旦解決

その後、警察に刑事罰にあたるような行為をしていることを話してもらい、表面上反省しているようです。

単管も撤去したとのこと。

発電所所有者の電話番号忘れちゃってさ~とか言い訳をしていたそうなので実際は反省してないような気もする・・。

 

実はこの隣人、発電所を設置する時に境界フェンスを境界から3m下げてほしいと無謀な要望をしてきた人。

この時点でヤバイなと思いつつも、隣人だからと思い温和に対応してました。

 

その結果、勝手に敷地内に侵入、構築物建設(単管1本だけど・・)。

いつもならお互いの話し合いで温和に解決するところですが、また同じ事件を起こしかねないおじさんなので警察に記録を残すことにしました。

 

警察が実際に動いてくれることは予想外でしたが、モラルが標準レベルに達していない人にはわかりやすいメッセージになるかと思います。

警察から罪に問われることをしていると言われ、理解できない人はいないと信じたい・・。

 

そもそもなんでそこにでっかい目隠し作る必要があるのって場所にあるんですけど、そういえば目隠しフェンス先にある住民と仲が悪いと前言ってたな・・。

目を合わせたくないんでしょうね。

 

おじさんと書いてきましたが、おそらく歳は70代後半。

考え方はもう大きく変えられないのかもしれませんが、周りに迷惑をかけずに生きてほしいものです。

 

草刈も大事ですけど、発電所内に問題が起きていないかを定期的に自分の目で見ることは大切だな~と思わされた事件でした。

電気関係の不具合はピタッと無くなったものの、隣からフェンスが落ちてきたり、勝手に発電所内に侵入されたり、なかなか平穏な日々は訪れませんね(^-^;)

よもやよもやだ。

太陽光発電
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント

  1. yuki2822 より:

    フェンスを境界から3mも話せと言いながら、
    しれっと無断侵入&単管打ちですか。。
    仰天の隣人さんですね。。

    それにしても、警察動いてくれて、ホント良かったです。

    • コトトロ コトトロ より:

      yukiさんどうも!
      お米もらったり、電話番号交換したり、良い関係性でいけそうだな~と思ってましたが、この感覚のズレは大きすぎますね・・。

      物腰はやわらかいものの、言うこととやることが常識外れなので、一線を引いた方が良い相手だと判断しました(-_-;)ヤレヤレ