サラリーマンの転勤強制が嫌ならサラリーマンを辞めよう

コトトロはこう思う

転勤!コトトロです。

3月に入り、私の会社は転勤辞令の時期に入ります。

私が一番お世話になった先輩も転勤を言い渡されたらしく、転勤先が自宅から遠いので落胆していました・・。

辞めるかどうかも考えていると昨日も電話がありました。

お世話になった先輩です。

出来る限りのことはしてあげたい。

微力ながら自分が出来る範囲で動いてみようと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転勤が嫌なら辞める準備をしよう

転勤はメリットとデメリットがありますね。

環境が変わることでリフレッシュできることは良い事です。

 

反対に、強制的に部署を変えさせられる、転居が必要になるのはなんと言うか・・ホント弱い立場ですよね。

転勤が嫌な人はサラリーマンを辞めるか、転勤のない小さな会社に入るしかなさそうです。

 

思えば私も入社して数年は転勤ばかりしていました。

不思議とその時は嫌ではありませんでしたが。

会社の組織を俯瞰的に見れなかったので、疑問に思わなかったのかもしれません。

強制的な転勤がある会社はこれからの時代、就職人気がなくなると思います。。

 

 

実は私・・サラリーマンの仕事が嫌いではない

サラリーマンの悪い部分を書きましたが、実は私サラリーマンの仕事は嫌いではありません。

人の役に立つことをして感謝され、心が満たされる仕事内容だからでしょうか。

 

目標を立てて、戦略を練って、ゴールへ到達させるサラリーマンのミッションはゲーム感覚で楽しむこともできる性格です。

もちろんツライ仕事は多いですが、そこは考え方一つでポジティブに取り組めます。

 

しかし、周りを見ると不平不満しか言わない人だらけ・・。

もったいない!

 

ほとんどの時間が仕事なのに「やらされ仕事」をしていると地獄の人生です。

 

会社から目標が下りてきても、自分が楽しめる目標に変換させ、自分で行動を決めて、ゴールに近づくのが大事。

仕事が「作業」になってしまった時点で100%楽しめません。

 

 

それでも脱サラを目指す理由

サラリーマンの4大デメリット。

 

①転勤強制

②時間に縛られる

③目標が上から降ってくる

④同僚を選べない

 

この4点から逃げられないことが脱サラをしたい理由です。

 

 

・自分の意思で

・時間に縛られることなく

・初めから自分で目標を決めて

・不平不満しか言わない人とは距離をおける

 

そんな仕事がしたいです。

 

発電所10基まで増やせたらセミリタイヤします!

私コトトロは、発電所を10基まで増やすことができたらセミリタイヤします。

前々から言っている事ですね。

 

最低限の生活費が太陽光でまかなえれば、組織に所属する必要がなくなります。

不動産でセミリタイヤも可能だとは思いますが、今はタイミングが悪い時期です。

不動産投資家はじっと動かず種銭を貯めて2023年頃を狙っていますからね。

 

逆に太陽光投資家は積極的に動いていかないといけない時期です。

年を追うごとに買取単価が下がってきています!

脱サラしたい人、セミリタイヤしたい人は是非太陽光事業に取り組んでみて下さい。

 

普通の人は考えていても行動に移せません

行動に移せる1%の人が自由を手に入れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コトトロはこう思う
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント