電流が計測できるクランプメーターを購入【UNI-T UT210E】

太陽光発電

クランプメーター!コトトロです。

 

電圧の測定のみでは限界を感じたので電流も測定できるクランプメーターを検討します。

 

 

電流を測定できるクランプメーター

クランプメーターとは、写真のような機械。

配線をパクッと先端の輪っかでくわえて電流を測定します。

 

ざっとググったものの、種類が多すぎてよくわからない(-_-;)

ランキングを見たり口コミをみたりしてコスパの良いもの、機能が良いものを選別していきました。

 

譲れない条件は交流だけでなく直流も計測できること。

太陽光発電所は交流だけではないですからね。

 

 

コスパが良さそうなクランプメーター

コスパが良さそうだとかんじたクランプメーターはこれ。

 

しっかりと直流電流も計測できるのにやたらと安い。

たいして電気の知識もないのでこれで十分かなと思い買う寸前までいきました。

 

 

購入したのはUNI-TのUT210E

以前、yukiさんがクランプメーターは大きくない方がいい(太くない方がいい)とブログに書いていたことを思い出しました。

等身大の再エネメモ 携帯しているチェック道具 (solar-club.jp)

 

最終的に私が購入したのはUNI-TのUT210E

 

手に収まる小さなサイズかつ先端の線を挟む部分もコンパクト。

ごちゃごちゃしている配電盤の中で計測するときに配線を掴みやすそうだなと思いました。

 

他にも、計測最小電流が1mAと細かく計測できること(少数点以下3桁まで測れそう)

バックライトが付いていること

オートパワーオフ機能があること

などが気に入り、最終決定しました。

 

日本製ではないので万人におすすめはしませんが、コンパクトでかさばらず、直流電流も計測でき、しっかりと機能が付いているクランプメーターを求めている方には検討の余地があると思います。

実際に使用した後に改めてレビューしてみます。

 

ではまた!

太陽光発電
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント