まなSUN、八旅さんと重要なZOOM会議

太陽光発電

ZOOM!コトトロです。

 

今日はまなSUN八旅さんと重要な会議を実施。

先人の知恵を借りることができました。

ありがとうございますm(__)m

 

ZOOM会議について話していきます。

 

 

ZOOM会議を初開催

ZOOMは40分であれば、100人の参加者まで無料です。

今後ZOOMを利用する機会が少ない私は有料プランに申し込む気になれず

無料プランでZOOM会議を実施する無謀なプランで臨みました。

 

参加者が多くなりすぎると収拾が付かなくなると思い

つなSでの募集と開始30分前にTwitterで募集。

 

狙っていた通り3人の参加者表明がありました。

結局、一人の方は仕事が忙しく私と妻を含めて4人でZOOM会議を実施。

 

本題を話さなくてはと思いつつも世間話をしてしまいすぐに40分は経過。

本題を話さないままZOOMが終了するところでした(-_-;)

 

そこで登場したのがZOOMからのプレゼントメッセージ。

なんだったかな・・文言忘れましたが

40分過ぎても無料で使わしてあげるよおめでとう、とのメッセージでした。

 

もちろん今後も使ってね(ハート)との意図をくみ取りました・・。

ZOOMさんからの粋な計らいのおかげで40分過ぎて本題に取り掛かれました。

 

 

書類作成頑張ろう!

界隈で盛り上がっていますね。

そうアレです。

 

私も例によって動かずにじっとしている選択肢はなく

できるだけのことはしてみようと思っています。

 

商工会の担当者はだいぶ論理立てを悩んでいましたが

こちらが頭ひねるしかないですね。

八旅さんの知恵を借りたので、書類作成をブラッシュアップしてみます。

 

ZOOMも結局半分以上は雑談になりましたが、そこがまたいいんですよね。

八旅さんも18基所有しているので様々な情報を持ってますし

まなSUNのプライベートな話も聞けますし(^-^;)

事業者間の定期的な交流は大事だよな~と改めて思いました。

 

いや~ZOOMってすごいですね。

全国どこにいても繋がれる。

 

私はサラリーマンを辞めてしまったのでわかりませんが

今はZOOM会議が主流なんでしょうね。

世の中便利になったものです。

 

最近は手帳も使わず、グーグルカレンダーが予定管理表になりました。

あれホント便利なんですよ。

事前に音でお知らしてくれるので忘れていても思い出させてくれます。

 

こうやって時代は進化して、より便利な世の中になるんでしょうね。

高齢者になっても最先端の技術を使いこなせる人間でいたいな~。

 

ということで、ZOOMおすすめです!(遅っ





発電所見回りサービスのご依頼は【こちら】へお願いします
※対応エリア:茨城県南部、千葉県北部、埼玉県東部、栃木県南東部
その他のエリアはご相談ください




  【人気記事】
【関東案件】表面利回り11%以上案件があるサイト

従量電灯AからLooopでんきに変えて電気代を100円以下に抑える方法

安心してセミリタイヤできるのは太陽光しかない

1号基の年間キャッシュフローが50万円を越えたか確かめてみた




  【不労所得の知識を得るには】
コトトロが太陽光投資・セミリタイア生活で参考にしているブログ です
風力発電・太陽光発電
セミリタイア生活
太陽光発電
コトトロをフォローする
コトトロブログ – 好きな事をして生きていく

コメント

  1. まなSUN より:

    こちらこそありがとうございました!
    まさかコトトロブログのタイトルに登場させてもらえるとは、(^◇^;)
    自分が読者専門だった一年ほど前には想像もつかなかった事です。

    • コトトロ より:

      ご参加ありがとうございました!
      更新頻度も少なくなったブログです、なんの価値もないッスよ(笑)

      さて、八旅さんを真似てカラフルに書類仕上げないと(•̀ᴗ•́)/

  2. ふるろーん より:

    仕事が遅く申し訳ないです
    ZOOM会議お疲れさまでした

    書類はもう提出されました?
    自分は10月分を目標に書き始めましたが、事業計画表が難しいですね
    太陽光事業を知らない人にも分かりやすく
    しかも、簡単すぎず、それなりに数字を難しさを書き込み
    それっぽい内容を作り出すには・・・

    • コトトロ コトトロ より:

      ふるろーんさん、事業計画書のことですよね?
      確かに難しく、私は販路拡大に繋げる方法を書くことに悩みました(*_*;

      逆に太陽光事業について詳しく書きませんでしたよ。
      審査側が知りたいのは事業内容についてはではなく、現状、問題点、解決策、ABCへの適合性、販路拡大への繋げ方だと思うので。

  3. ふるろーん より:

    はい
    事業計画書です
    表を入れて作った方が良いという動画を見たので(影響されやすい)

    太陽光発電にて発電量を拡大することは難しく

    今回の補助金により発電量低下による損失を防ぐ装置を購入
    結果として生産性を向上 といった流れで作成中だったのですが・・・

    求められるのは「販路開拓の取組」としっかり書かれていますしね
    あ、発電所を増やす目標にすれば、販路の拡大になる!?

    採択後の記入例を心待ちにしております